ニューノーマル時代のオフィスとは? パナソニックの「worXlab」を訪ねる

ニューノーマル時代のオフィスとは? パナソニックの「worXlab」を訪ねる
       
新型コロナウイルス感染防止を日常生活に取り入れた「新しい生活様式」が求められる中、パナソニック東京汐留ビルに新しいライブオフィス「worXlab」(ワークスラボ)が開設された。コロナ禍の中であるべき働き方を「人起点」で考えた同オフィスの特長を見てみよう。

ライブオフィス「worXlab」を開設したパナソニック


2021年1月7日、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、二度目の緊急事態宣言が発令された。飛沫・接触感染を防ぎ「3密(密集、密接、密閉)」を避けるというニューノーマル」(新しい生活様式)が浸透を進めているが、まだまだコロナ禍は終わりを見せず、また収束してもこの生活様式は続くことになるだろう。

そんな新型コロナウイルス影響下において、あるべき働き方を考えているのがパナソニックだ。同社は人起点のワークプレイスの課題を発見・解決するために、空間ソリューションに着目。パナソニック東京汐留ビルのワンフロアを改装し、ライブオフィス「worXlab」(ワークスラボ)を開設した。

同社がworXlabを開設した意義はどのような点にあるのだろうか。ライフソリューションズ社 空間ソリューション事業推進室 マーケティング推進部 部長の丸山功一氏、同マーケティング推進部 主幹の神谷学氏に話を伺いつつ、ライブオフィスを見学していこう。

ウィズ/アフターコロナを見据えた「人起点」のオフィス


「近年、オフィス空間はワークプレイスとして進化しています。これまでのオフィスは『建物起点』でスペースの効率性が重視されてきましたが、これからは『人起点』で働きやすさと生産性のバランスが重視されるでしょう。worXlabをセンターオフィスとして位置づけたうえで、個人単位の仕事が行えるサテライトオフィス、在宅勤務やテレワークが行えるホームオフィスと、シームレスでリアルに繋がることが重要と考えております」(丸山氏)。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月18日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。