「povoはahamoへの対抗心で生まれた」 KDDI渾身の新料金プランの注目点

「povoはahamoへの対抗心で生まれた」 KDDI渾身の新料金プランの注目点
       
既報の通り、KDDIは1月13日、auのオンライン専用ブランドとして新料金プラン「povo on au」(以下、povo)を発表しました。データ容量20GBで月額2,480円(税別、以下同)という内容で、2021年3月から提供開始します。オンライン発表会に登壇したKDDI 代表取締役社長の高橋誠氏は「パートナーと一緒にアイデアを出し合いながら、povoを成長させていきます」と意気込みました。質疑応答では「ahamoへの対抗意識」「povoの5G品質」「炎上した料金プラン」などについて言及しています。

サービスの概要

povoは、契約などの手続きをWebでのみ受け付けるオンライン専用ブランドです。先行して発表したNTTドコモの「ahamo」、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」に対抗するサービスで、月額料金は他社より500円安く、またサービスを自由に“トッピング”(追加)できるなどの差別化要素があります(後述参照)。

ネットワークは4G / 5Gが利用できます(5Gは今夏に対応予定)。国内通話は20円 / 30秒の従量制です。かけ放題のサービスをバンドルしない理由については「20代未満のお客様の6割以上が、月に10分も音声通話しないことが分かっています。インターネット通話アプリで十分、という方も多いんです」と高橋社長。そのうえで、必要に応じてトッピングできる特徴について説明していきました。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「povoはahamoへの対抗心で生まれた」 KDDI渾身の新料金プランの注目点」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    3社とも大して影響を受けない若者向けってのがよくわかる設定だね。メール必須の年寄連中には変更させないで今まで通りふんだくりまくる。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「au」に関する記事

「au」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「au」の記事

次に読みたい「au」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月13日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。