コロナ禍で「妊活を延期または一時休止した」が13.7% - 心配なことは?

コロナ禍で「妊活を延期または一時休止した」が13.7% - 心配なことは?
ROLLCAKEは1月13日、「コロナ禍妊娠・出産」に関する意識調査の結果を発表した。調査は2020年12月7日~10日、将来の妊娠・出産を希望している女性5,141名を対象にインターネットで行われた。

はじめに、「新型コロナウイルス感染症の影響を受け、あなたの妊活に変化はありましたか?」と質問したところ、13.7%が「妊活を延期または一時休止した」ことが明らかに。理由を尋ねると、「通院などで感染リスクが高まる」(62%)が最も多く、次いで「子どもへの感染リスクを考慮」(51.2%)、「経済的に不安」(31.8%)と続いた。

また、妊活をいつ頃再開する予定かを聞くと、35.0%が「すでに再開している」と回答。また、「コロナウイルス感染症の拡大が落ち着くまで」と回答した人は17.1%だった。

さらに、妊活を再開していない女性に、今後新型コロナウイルス感染症が流行した場合、さらに妊活開始時期を延期するかを尋ねたところ、24.8%が「延期すると思う」、30.5%が「やや延期すると思う」と回答。合わせて55.3%が延期する意向であることがわかった。

次に、コロナ禍での妊娠・出産で心配だと感じていることを質問したところ、1位「コロナによる胎児への影響不安」(77.9%)、2位「コロナ禍での通院」(72.4%)、3位「立ち会いや面会が制限されてしまう」(67.3%)という結果に。

その他、自由回答では「妊娠できたとして病院の対応は十分なのか、体調が悪くなったときに後回しにされないかが不安」「生まれても、両親たちに見せに行けない。産婦人科は混んでいる時に行きたくない」「延期しているうちに高齢出産の年齢になってしまった」などのコメントが寄せられた。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月15日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。