日本に1台! キャデラックの新型「エスカレード」に見参

日本に1台! キャデラックの新型「エスカレード」に見参
拡大する(全1枚)
まだ日本に1台しかないというキャデラックのラグジュアリーSUV「エスカレード」に見参してきた。堂々たる体躯は前型に比べさらに大きくなり、アーキテクチャーの刷新で乗り心地も向上しているという新型エスカレード。そのゴージャスな実車をじっくりとご覧いただきたい。

外観の違う2グレードをラインアップ


初代モデルから20年以上の歴史を持つキャデラックのフルサイズラグジュアリーSUV「エスカレード」がフルモデルチェンジを遂げた。車体は前型より拡大し、ボディサイズは全長5,382mm、全幅2,060mm、全高1,948mm、ホイールベース3,081mmに。3列のシートを備え、最大7人で乗れる巨大かつ豪華なSUVだ。

新型エスカレードには1,490万円の「プラチナム」と1,520万円の「スポーツ」という2つのグレードがある。違いは外観のみで中身は同じなので、買うなら単純に好みで選べばいい。写真のスポーツは、黒を基調とするグリルやホイールが引き締まった印象だ。プラチナムはグリルなどがメッキ調のデザインとなる。

ゼネラルモーターズ・ジャパンの上原慶昭さんによると、アーキテクチャーの刷新により、新型エスカレードは乗り心地が向上しているとのこと。GMのフルサイズトラックと共通のアーキテクチャーを使っていることに変わりはないものの、リア部分はエスカレード専用に開発したそうだ。これにより、前型ではトラックと同じくリジッドアクスル式を採用していたリアのサスペンションは、独立懸架式に変更となった。日本仕様はエアサスペンションが標準装備になっていて、乗用車としての乗り心地はさらにアップしているそうだ。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月18日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。