プジョーのEV「e-208」はお買い得? 競合他車と比較

プジョーのEV「e-208」はお買い得? 競合他車と比較
拡大する(全1枚)
プジョーの新型車「e-208」は電気自動車(EV)の選択肢として注目すべき1台だと思う。ほかの輸入EVに比べて価格は手ごろだし、サイズ感が日本の道路にフィットしているからだ。競合他車と比べて何が、どのように優れているのか。日産自動車「リーフ」などと比較してみたい。

価格で国産車と勝負できる「e-208」


e-208は自動車業界で使われる区分で「Bセグメント」に位置づけられる。競合車には、同じくフランス車のルノー「ルーテシア」のほか、国産車ではトヨタ自動車「ヤリス」やホンダ「フィット」などをあげることができる。ただし、それらにEVの選択肢はない。身近なEVとして、国産車には日産のリーフがあり、ホンダの「Honda e」(ホンダe)がある。それらはEV専用車だが、プジョーはガソリンエンジン車の「208」とEVの「e-208」を2本立てで展開している。

車体寸法を比較してみると、e-208の全長が4,095mmであるのに対し、リーフは4,480mmと長く、ホンダeは3,895mmと短い。

車幅はe-208が1,745mmであるのに対し、リーフは1,790mmでやはり幅広だが、ホンダeは1,750mmとわずか5mmの違いでしかない。e-208とホンダeは、車体寸法的にはほぼ同じといえる。リーフは若干大きいが、かといって見た目を含め大きく異なるわけではないので、選択肢としては競合とみていいのではないか。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月22日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。