キリンビバレッジが2021年事業戦略を説明 - いま清涼飲料メーカーが注力すべきカテゴリとは?

キリンビバレッジが2021年事業戦略を説明 - いま清涼飲料メーカーが注力すべきカテゴリとは?
拡大する(全1枚)
キリンビバレッジは21日、事業戦略説明会を実施した。このコロナ禍により、消費者のマインドや購買手段は大きく変化しつつある。そこでキリンビバレッジでは、そうした市場動向を見据えながら、ある2つのカテゴリに注力していく考えだという。

2020年の振り返り


登壇したキリンビバレッジの堀口英樹氏は、まず2020年度の市場動向について振り返った。

成長トレンドだった清涼飲料市場はこのコロナ禍で-7%の減少に転じた。一方で消費者の健康志向の高まりにより、健康カテゴリが堅調に推移。機能系飲料は前年並みを維持し、無糖飲料は1%増となった。

堀口氏は「コロナで在宅勤務、外出自粛が続いた影響で、運動不足から健康に気を使う人が増えました。無糖飲料が構成比率を高め、いまや清涼飲料全体の65%くらいを占めています」と分析する。

キリンビバレッジとしては、清涼飲料カテゴリで-9%の減少となった。しかし堀口氏は「コロナはビジネスのチャンスを教えてくれました。それはお客様の健康ニーズに迅速に対応することが必須ということ。弊社では『摂りすぎない健康(無糖、低糖)』『プラスの健康』の2つのカテゴリに注力することで、大きな成果を得ました」と前向きに捉える。

『摂りすぎない健康』である「午後の紅茶」「生茶」「キリンレモン」「ファイア」の無糖・微糖カテゴリは軒並み売り上げが増加した。また『プラスの健康』として展開するプラズマ乳酸菌入り飲料の販売実績は前年比約2.4倍増となった。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月21日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。