Apple Watchに心電図、なぜ重要? 米国では心房細動を発見した体験談続々

Apple Watchに心電図、なぜ重要? 米国では心房細動を発見した体験談続々
Apple Watchの心電図機能(ECG/EKG)と「不規則な心拍の通知」機能(IRN)が、ついに日本でも利用可能になります。

「それって必要なの?」と思った方も多いのではないでしょうか。Apple Watchの心電図機能は、2018年9月に「Apple Watch Series 4」とともに発表され、同年12月に米国で提供が始まりました。Apple Watchユーザーは、どちらかといえば若い世代に偏っています。そのため、高い年齢層の需要が強い心電図より、カメラや長いバッテリー動作時間といった多くのユーザーが必要とする機能を優先してほしい、という声が上がりました。

でも、今Apple Watchに対して、以前ほどそうした要望は聞こえてきません。心電図機能の提供が始まってから、同機能を使って不整脈の一種である心房細動(AFib)を見つけられたという報告が相次ぎ、人々がApple Watchに期待することが変化したからです。登場し始めたころのスマートウォッチに対して、ユーザーはメッセージや電話、ソーシャルの通知、予定やTo-Doなどを手首で受け取れる情報ツールであることを期待していました。でも今は、‌アクティビティ/ワークアウト、健康関連の機能がスマートウォッチを使用する大きな理由になっています。

心疾患予防を望む声が心電図機能の実装につながった

では、心電図とIRNはどのような機能なのか。日本での提供開始に備えておさらいしてみましょう。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月25日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。