キヤノンから手のひらに乗るMRエントリーモデル登場

記事まとめ

  • キヤノンはMRシステム「MREAL」シリーズの新製を発表。
  • 「MREAL S1」はエントリーモデルで、オープン価格。
  • 2月下旬からの出荷を予定している。

キヤノン、手のひらに乗るMR(複合現実)エントリーモデル

キヤノン、手のひらに乗るMR(複合現実)エントリーモデル
キヤノンは2021年1月26日、MR(複合現実)システム「MREAL(エムリアル)」シリーズの新製品「MREAL S1」を発表した。2月下旬からの出荷を予定している。同社は2012年からMRデバイスを開発・提供しており、3Dや仮想現実の可能性を模索してきた。MREAL S1はエントリーモデルに位置するオープン価格だが、設計・生技用途向けのMD-10や、デザイン・プレゼンテーション用途向けのMD-20と比較して安価になると思われる。

MREAL S1は、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)に内蔵したカメラのCMOSセンサーが捉えた目の前の映像と仮想空間の映像合成して映し出すビデオシースルー型HMDを採用し、デバイスサイズは約186(幅)×250(奥行き)×138(高さ)ミリ。質量約338グラムとシリーズ最小・最軽量。キヤノンはMREAL S1の携帯性が向上したことで、ビジネス現場での活用範囲が大幅に広がると説明している。

基盤ソフトウェアとなる「MREAL Platform」や、屋外での明るい環境での空間特徴位置合わせを容易にする減光フィルターシート(20枚同梱)の他、別売りでデモンストレーションなどで用いるハンドヘルドスタイル、Thunderbolt搭載PCと接続するインターフェイスボックスキット、および非Thunderbolt搭載PC用のインターフェイスボードキットセット、利用範囲を拡大する20メートルのインターフェイスケーブルも合わせて用意する。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月26日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。