「COCOA」Android版に不具合、約4カ月も接触通知されず

「COCOA」Android版に不具合、約4カ月も接触通知されず
新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のAndroid版で、接触の検知・通知が4カ月以上行われておらず、実質的に機能していなかったことを厚生労働省が2月3日に明らかにした。この不具合の解消は2月中旬を予定している。

COCOAアプリは、陽性登録を行ったユーザーとの1m以内15分以上の接触があった場合、検知・通知を行う。しかしAndroid版では、2020年9月28日のバージョンアップに伴って上記の不具合が生じており、4カ月以上もの間、接触が正しく通知されなかったことになる。なお、iOS版についてはこの障害の影響はないとしている。

Android端末でCOCOAアプリを使っているユーザーは、修正が行われるまでは上記の条件に当てはまる接触があってもアプリで通知は受け取れないが、「継続してアプリを利用することで、他の端末との接触に関する情報を端末内に記録できる。障害の解消後、この記録に基づいて14日前までに陽性者との接触があった場合には通知を受けることが可能になるため、アプリを継続して利用してほしい」と呼びかけている。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「COCOA」Android版に不具合、約4カ月も接触通知されず」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    新型コロナのアプリが不活性化してどうすんのよ・・・

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月3日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。