「COCOA」Android版アップデート。接触通知機能の不具合を改善

「COCOA」Android版アップデート。接触通知機能の不具合を改善
       
厚生労働省は2月18日、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のiOS/Android版をVer.1.2.2に更新したと発表。Android版で、陽性者との接触があっても通知が正常に行われない不具合などを改善した。1.2.1以前のバージョンを使っているユーザーに、速やかにアップデートを行うよう呼びかけている。

いずれもCOCOAの利用開始後しばらく経った後に、同アプリが初期化される(利用規約等への同意画面が再度表示される、又は継続使用日数が0日に戻る)不具合を改善(iOS版は既報の通り)。

Android版は、陽性者との接触について通知を受け取れなかった問題などの解消を図っている。アップデート内容は以下の通り。
Android版

陽性者との接触があっても通知が正常に行われない不具合を改善
一部の端末で、アプリが初期化されたように見えてしまう(利用開始日がリセットされる、利用規約等への同意画面が再度表示される)不具合を改善
陽性者との1メートル以内15分以上の条件に該当する接触があった利用者に、条件に該当しない陽性者との近接についても通知してしまう(本来よりも接触件数が多く通知される)問題を解消

iOS/Androidデバイスで動作検証を実施


厚生労働省はCOCOAのVer.1.2.2について、さまざまなOS・機種を組み合わせ、計36ケースの動作検証を実施。1メートルの距離で20分間近接させ、一方の端末から同アプリに陽性者としての登録を行い、テスト環境を経由してもう一方の端末において接触が検知・通知されることを確認した。また、1メートルを大きく超える距離や15分に満たない接触については、通知されないことを確認したとのこと。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月18日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。