飲酒量が日に日に増大してしまう状態の脳の仕組みを東北大が解明

飲酒量が日に日に増大してしまう状態の脳の仕組みを東北大が解明
       
東北大学は2月18日、ショウジョウバエをモデルに、飲酒量が日に日に増大する脳内メカニズムを発見したと発表した。

同成果は、東北大大学院 生命科学研究科の菅野舞氏、同・市之瀬敏晴助教(学際科学フロンティア研究所兼任)らの研究チームによるもの。詳細は、英オンライン総合学術誌「Scientific Reports」に掲載された。

アルコールは脳の報酬系に作用し、一時的に楽しい気分をもたらす。しかし、過多の飲酒が習慣化すると、飲酒量を自分の意思でコントロールできなくなり、アルコール依存症を発症するリスクが増大してしまう。

新型コロナウイルス感染症対策として、飲食店などに入るときは手の殺菌に利用していることからもわかるように、アルコールは本来、大半の生物にとっては毒だ。しかし人類とアルコールのつき合いは長く、ある意味、アルコールとともに進化してきたといえるほどである。

アルコールは大それた技術を必要としない。自然界でも果実が発酵すればアルコールとなるため、人類も遥か太古の樹上生活をしていた時代から、果実を主食のひとつとしてきており、その時代からのつき合いと考えられている。経験則的にアルコールに殺菌作用があることを知り、食中毒を防ぐために進んで摂取するようになったという説もある。その結果、アルコール分解酵素を肝臓に備えたアルコール耐性のある人が子孫を増やし、アルコール好きの多い現在の人類となったというのである。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月20日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。