ニパウイルスワクチンの室温輸送を目指す! 東大生研が狙う医療革新

ニパウイルスワクチンの室温輸送を目指す! 東大生研が狙う医療革新
拡大する(全1枚)
東京大学生産技術研究所(東大生研)のウイルス医療学寄付研究部門は、ニパウイルス感染症向けのワクチンの国際共同開発の推進と、同研究部門の部門長を務める金範埈教授が研究開発しているマイクロニードル技術を用い、ニパウイルス向けワクチンを室温で簡便に輸送・保管し、ワクチンの利便性を大幅に高める研究開発を進めている。

同研究は、東大生研内での研究開発連携が効果を上げる代表事例になる見通しだ。
致死率70%の感染症に対する有効なワクチン開発を東大生研が主導

ニパウイルス感染症は、マレーシアやバングラデシュなどのアジア地域で流行が報告されている感染症で、ブタからヒトへ感染し、ヒトに感染した場合の致死率は40~70%にも達するとされているが有効なワクチンはいまだ存在しない。

東大生研のウイルス医療学寄付研究部門の甲斐知恵子 特任教授、同米田美佐子 特任教授、同佐藤宏樹 特任准教授、同藤幸知子 特任准教授の研究チームは、以前よりニパウイルスワクチンの実用化研究を進めてきた。

同研究チームのこうした取り組みに対し、重要感染症の予防ワクチン開発支援を目的として設立された国際研究開発費支援機関「CEPI(Coalition for Epidemic Preparedness Innovations)」が2019年2月、総額3100万ドルの支援を行うことを決定し、東大生研が指揮を執る形で米国スタンフォード大学、EUのワクチン開発支援機構であるEuropean Vaccine Initiative(EVI)、ワクチン製造会社の蘭Batavia Biosciences社が共同で進める国際共同研究開発プロジェクトが始まった。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク