菅田琳寧、ジャニーズ10年目の初座長を堂本光一・上田竜也ら激励もたけし軍団入り?

菅田琳寧、ジャニーズ10年目の初座長を堂本光一・上田竜也ら激励もたけし軍団入り?
拡大する(全1枚)
舞台『陽だまりの樹』の公開ゲネプロが5日に東京・ヒューリックホール東京で行われ、菅田琳寧(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)、早乙女友貴日比美思、阿達慶(ジャニーズJr.)、太田将熙、ダンカンが取材に応じた。

同作は1981年~1986年に『ビッグコミック』(小学館)で連載されていた手塚治虫氏の『陽だまりの樹』の舞台化作。これまでアニメやドラマ、舞台で何度も展開されてきた、時代を超えて愛される不朽の名作で、実在した先祖をモデルにしたキャラクターが登場することから、手塚氏のルーツを描いていると連載当初から話題の作品だった。

菅田は「話をいただいたときは帝国劇場で『DREAM BOYS』をやっていたんですけど、僕はずっとジャニーズの舞台しか出たことなくて、でもメンバーがずっと外の舞台で活躍して刺激をもらっていて、僕も外の舞台に出て演技を学びたいなと思っていて。お話をいただいたときは嬉しかったんですけど、自分がまさかの座長と言うことで、緊張とか不安もありながら、皆さんのサポートのおかげでここまで来れた」と感謝する。2011年3月にジャニーズ事務所に入ったということで「10年目で、まさか自分が座長を巻かれるとは思っていなかった。10年目で、いい"切り札"って言うんですかね?」と周囲に問いかけ、「節目! 節目に大きい仕事をいただけて本当に嬉しく思います」と訂正いた。

10年間黒髪をキープしてピアスを開けていなかったため、時代物が来たときはガッツポーズだったというが、「髪をつけると妹に似てるなと思いました」と照れ笑いを浮かべる。普段はアクロバットを得意とするものの「今回は全く筋肉を使わないんですよ。10年間アクロバットとかやってたんですけど、動きは封印させていただきます」と宣言し、日舞や三味線に挑戦。「うずうずしちゃうんですよね。回りたいなという気持ちはあるんですけど、この時代にはアクロバットは似合わないと思います」と語った。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ジャニーズ」に関する記事

「ジャニーズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジャニーズ」の記事

次に読みたい「ジャニーズ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク