スマホ新料金、認知度はahamoが断トツも、気になるのは「楽天モバイル」

スマホ新料金、認知度はahamoが断トツも、気になるのは「楽天モバイル」
拡大する(全1枚)
3月末にかけてサービスが続々と始まる大手携帯キャリアの新料金プラン、NTTドコモの「ahamo」は4人に3人が「知っている」と回答し、他社の新料金プランよりも認知度が高いことが分かりました。その一方で、ahamoなどにはない「1年間無料」「使わなかった月は0円」を打ち出した楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」の存在が気になっている様子もうかがえました。

調査会社のMM総研が、2月20日から2月22日にかけてスマートフォンで音声通話SIM(音声+データ通信)を契約している9,048人を対象に意識調査を実施し、「携帯キャリア4社の新料金プラン利用意向調査」として調査結果を発表しました。

大手携帯キャリア4社が発表した新料金プランそれぞれの認知度を尋ねたところ、「内容を知っている」「名前は聞いたことがある」と回答した人がもっとも多かったのが、75%近い認知度となったNTTドコモの「ahamo」。次いで、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」が高く、KDDIの「povo」とソフトバンクの「LINEMO」はともに50%前後の認知度にとどまりました。

新料金プランの利用予定を聞いた調査では、利用の予定があると回答した人は全体の1/4ほどにとどまり、「各社の新料金プランを知らない」「利用予定はない」の回答が全体の3/4ほどを占めました。MMD研究所の調査をもとにまとめた「ahamoなどの新料金、『乗り換えない』が6割超 全国4万人調査」とほぼ同等の結果となり、新料金プランは話題になっている割にまだ様子見の人が多いことがうかがえます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スマートフォン」に関する記事

「スマートフォン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スマートフォン」の記事

次に読みたい「スマートフォン」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク