成果を上げながら定時で帰る仕事術 第93回 部下や後輩を育てる「問い」の使い方とは

成果を上げながら定時で帰る仕事術 第93回 部下や後輩を育てる「問い」の使い方とは
本連載の第92回では「問いを活用して問題解決の打ち手を出そう」と題し、問題を解決するための打ち手が出ないときによく見られる状況と、事態を打開するための「問い」についてお伝えしました。今回も引き続き「問い」に着目し、職場の部下や後輩を育てるための「問い」の使い方についてお話します。

「職場の部下や後輩がなかなか育たない。一体どうしたものか」
「最近の若手社員は自分の頭で考えようとしない」

このような悩みを抱えてはいるという方は少なくないのではないでしょうか。確かに自分で考えて行動に移せない人は一定数いるかもしれませんが、それは昔から同じなのではないでしょうか。ただし、一昔前は「上司や先輩の背中を見て学べ」というスタンスの職場が多かったため、当時の部下や後輩(以下、部下に統一します)の立場としては有無を言わさず自分で考えざるを得ない環境にあったかもしれません。

では当時と同じように部下を放置すればよいかというと、それはそれで部下のモチベーションが下がって離職にも繋がりかねません。ではモチベーションを下げずに部下の成長を促すにはどうすればよいのでしょうか。

その答えの一つがうまく「問い」を使うことです。部下とのコミュニケーションに「問い」を上手に取り入れることができれば、部下のモチベーションを上げながら成長させることができるでしょう。

では成長を促す「問い」とはどのようなものでしょうか。以下、シチュエーション別に見ていきましょう。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「成果を上げながら定時で帰る仕事術 第93回 部下や後輩を育てる「問い」の使い方とは」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    部下に依る。何でもマニュアル化するから考えようとしなくなる。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月19日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。