上京グルメ物語~東京で見つけた「ふるさと」の味~ 第24回 西荻窪「もやし」でおいし(あなた)においしい山梨料理を。

上京グルメ物語~東京で見つけた「ふるさと」の味~ 第24回 西荻窪「もやし」でおいし(あなた)においしい山梨料理を。
拡大する(全1枚)
地方出身者が地元の料理を食べたくなったら駆け込める、同郷の人との触れ合いに飢えたときに癒やしてくれる、そんな東京にある"地方のお店"を紹介していくこの企画。コロナ禍の昨今、せめておいしい地方のものを食べて各地を旅行した気持ちになりたい! という他県のあなたも必見です。

今回のテーマは、山梨県です。静岡県との県境に富士山があるといえばすぐ場所がわかりますね。東京からは中央線1本でアクセスできるお隣の県でもあります。
日本一の山がある山梨県

山梨県というと、軽井沢など避暑地として有名なリゾートを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。農産物ではブドウと桃の生産が、加工品ではワインの生産が日本一の県です。歴史的には武田信玄が有名ですね。風林火山!

おもしろい一面では、海なし県ながら世帯当たりのマグロ消費額全国2位という意外な統計があったりします。

今回は、西荻窪にある「串焼き田舎味噌もやし」(以下「もやし」)さんにお邪魔しました。JR西荻窪駅南口から徒歩3分ほど。飲み屋さんが並ぶ細い通りを抜けてところにあるお店です。

年季の入ったガラスの引き戸をガタガタいわせながら開けて入った店内には、カウンターと座敷のテーブル席を合わせて21席ほど。お店の人との距離感も近い、近所にあったら通ってしまいそうなアットホームで落ち着く雰囲気の店内になっています。
春の恵みを地のお味噌で食す

最初に登場したのが「ふき味噌」(190円)です。フキを甲州味噌で和えたものになります。甲州味噌とは、米麹と麦麹をミックスして仕込む合わせ味噌のこと。山が多く、お米を作ることに向かない土地の多い山梨で工夫の末に生み出されたものです。ちなみに東北・関東の一般的な味噌は米麹。麦麹で作る味噌は九州に多いといいます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク