「億り人」になったら気をつけたいこと

「億り人」になったら気をつけたいこと
拡大する(全1枚)
「億り人」とは、株式やFXなどへの投資によって1億円以上の資産を築いた人物のことを2008年公開の映画『おくりびと』のタイトルをもじって指すそうです。 仮想通貨の世界では保有するコインの価格が購入時の数十倍から数百倍へと高騰するケースもあります。若年層にも数多くの億り人が誕生しています。

正確な知識を得て、リスクを正しく理解して投資する方もいる一方、ほんの好奇心で始めただけでも、ビギナーズラックのようなかたちで億り人になってしまったケースもあるかもしれません。せっかく手にしたものであれば、人生にとって最も良い形で生かしたいものです。どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

突然高額を手にした時に気をつけたいこと


宝くじで1億円手にしたのであれば非課税ですので、当選金額をそのまま資産にできますが、投資の結果の利益であれば所得税が課せられます。また、突然高額なお金を手にしたために、生活が広がってしまったら、どんどん目減りしていくでしょう。

利益が1億円あったとしても、手元に残るのはその半額の可能性がある


サラリーマンであれば、年末調整をすれば確定申告の必要のないケースがほとんどでしょう。しかしその年に1億円の収入があれば、雑所得として確定申告が必要となります。収入の合計から、様々な控除を差し引いたものが課税と対象となります。課税される所得金額が4,000万円を超えるときの税率は課税所得×45%-控除額です。その分を残しておく必要があります。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク