リリー・フランキー&錦戸亮、日英合作映画で親子役 監督が日本映画見て俳優決定

リリー・フランキー&錦戸亮、日英合作映画で親子役 監督が日本映画見て俳優決定
拡大する(全1枚)
俳優のリリー・フランキーが、日英合作映画『コットンテール "Cottontail”』(2022年公開)の主演を務めることが1日、明らかになった。

同作は「英国アカデミー賞US学生映画賞」受賞監督であるパトリック・ディキンソンの新作。愛する人を失うことにより崩れかけた家族の愛の再生の物語で、主役の健三郎(リリー・フランキー)が、一人息子のトシ(錦戸亮)一家とともに、妻・明子(木村多江)の遺言に残された地・イギリス北部の湖水地方にあるウィンダミア湖へ旅に出かけ、悲しみを受け入れるまでの様々な思いを描いていく。

監督・脚本のパトリック・ディキンソンは、「英国アカデミー賞US学生映画賞」とヨーロッパ人として初めて「学生エミー賞」をドラマ部門で受賞し、映画やテレビの世界で活躍している。早稲田大学に留学経験があり、多くの日本映画を観ているなか、今回の出演者を決めた。リリー・フランキーが主演を務め、演技力に定評のある錦戸亮がひとり息子・トシ、木村多江が健三郎の妻・明子、高梨臨がトシの妻・さつきを演じる。イギリスからは、キアラン・ハインズ(『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』)、『ワイルド・ローズ』に主演し英国内で数々の賞を受賞しているジェシー・バックリ(『ジュディ 虹の彼方に』)の出演が決まっている。

また、本作プロデュースと世界セールスを担当するのは、『あなたを抱きしめる日まで』『ある公爵夫人の生涯』など、アカデミー賞や英国アカデミー賞などで数々の受賞やノミネート作品を手掛けるウエストエンドフィルムズであり、今後世界的な展開への期待も。共同プロデュースとして、英国映画協会ネットワークと英国アカデミー賞クルー2021(『Everything I Ever Wanted to Tell My Daughter About Men』『My House』)のジェイミー・ハービー Jamie Harveyとサッチ・ワタナベSatch Watanabe(『TOKYO VICE(原題)』『アウトサイダー』)が参加した。コロナ禍で撮影が延期されていたが、2021年初夏に日本からスタートし、イギリス・ロンドンでの撮影を経て、2022年の日本公開を予定している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リリー・フランキーのプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「リリー・フランキー」に関する記事

「リリー・フランキー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「リリー・フランキー」の記事

次に読みたい「リリー・フランキー」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク