経営の専門家や士業従事者らが紐解く「新時代の働き方」 第87回 SDGs時代における社会福祉起業

経営の専門家や士業従事者らが紐解く「新時代の働き方」 第87回 SDGs時代における社会福祉起業
拡大する(全1枚)
テクノロジーが進化し、AIの導入などが現実のものとなった今、「働き方」が様変わりしてきています。終身雇用も崩れ始め、ライフプランに不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

本連載では、法務・税務・起業コンサルタントのプロをはじめとする面々が、副業・複業、転職、起業、海外進出などをテーマに、「新時代の働き方」に関する情報をリレー形式で発信していきます。

今回は、インドネシアのバリ島でデベロッパー事業を、日本では経営戦略・戦術に関するアドバイザーも行っている中島宏明氏が、一般社団法人日本福祉事業者協会理事・奈良有樹氏にインタビューを行いました。

奈良 有樹(なら ゆうき)氏 プロフィール
社会福祉法人で10以上の福祉事業の経理・経営企画として、介護・福祉の分野での部門別採算制度の導入や会計監査への対応など先進的な取り組みに従事。赤字6,000万円の介護施設を1年で2,000万円の黒字に転換させた実績をもつ。2019年からは障がい者向けグループホームの事業会社の社長に就任、同社の業績の立て直しを成功させMBOを成立させる。

他方、メンタルコーチとして就労困難者の一般就労や社会復帰の支援にも携わっており、現在は一般社団法人日本福祉事業者協会の理事として他業界からの参入支援と、福祉事業者の事業安定化、品質向上のための教育プログラムの企画開発、プロデュースも行っている。

はじまりは「会計」の専門家として


編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク