深田恭子「私を引っ張ってくれる」芸能界のアンパンマン的な存在は吉田沙保里【動画あり】

深田恭子「私を引っ張ってくれる」芸能界のアンパンマン的な存在は吉田沙保里【動画あり】
拡大する(全1枚)
6月25日公開の映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』の公開アフレコイベントが12日、都内で行われ、深田恭子アンタッチャブル山崎弘也が出席した。

『それいけ!アンパンマン』の劇場版第32作目となる本作は、雲の国で生まれた"雲の子・フワリー"とアンパンマンたちが雲の国を救うために大奮闘する物語。本作で愛犬に深田恭子がヒロインのフワリーを、山崎弘也が雲の長老役の声をそれぞれ担当している。

この日は報道陣を前にして深田と山崎が本作で演じたフワリーと雲の長老をアフレコで披露した。深田が「やっぱり報道陣の皆さんがいるとちょっと恥ずかしかったです」と赤面し、山崎は「でも顔は隠しちゃダメですよ(笑)」とツッコミ、「皆さんがシャッターの音で乗せてくれるんですけど、僕の時は少なかった! それは気を遣ってシャッターを切っていただけたらと思います」と話して笑いを誘った。

また、生まれたての赤ちゃんから成長して容姿が大きく変化するフワリーについて深田は「成長過程を家で練習していたら犬がビックリしてました(笑)」と明かし、「今回参加させていただくことになって本当にうれしく思いました。精一杯やらせていただいたので、是非たくさんの方に楽しんでいただけたらと思います」と笑顔を見せた。

愛犬に"メロンパンナちゃん"と名付けるほど大のアンパンマン好きである深田。「今年で13歳なんですが、犬のいる13年といない13年って違うなと思います。喜びを犬は一生懸命表現してくれるので、自分が嬉しい時は人にキチンと伝わなければいけないなと学びましたね」と愛犬に刺激を受けている様子。また、子どもたちから大人気のアンパンマンにちなみ、「芸能界でのアンパンマン的な存在は?」という質問に深田が「私は吉田沙保里さんですね。引っ込み思案の私を引っ張ってくれるので、沙保里ちゃんは私にとってのアンパンマンです」と回答し、山崎は「僕はカンニング竹山さんですね。困った時に助けてくれるしいつもどこにいるか分かっているので、本当に頼りになるお兄さんです!」と答えていた。映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』は、6月25日より全国公開。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

深田恭子のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「深田恭子」に関する記事

「深田恭子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「深田恭子」の記事

次に読みたい「深田恭子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク