約9.9万円からのスタンダード4K液晶VIERA「JX750」。AI画質調整対応

約9.9万円からのスタンダード4K液晶VIERA「JX750」。AI画質調整対応
拡大する(全1枚)
パナソニックは、AI技術を活用し、コンテンツに応じて最適な画質に自動調整する4K液晶テレビのスタンダード「JX750」シリーズ4機種を6月18日に発売する。65/58/50/40V型の4サイズを用意し、価格はすべてオープンプライス。店頭予想価格は40V型「TH-40JX750」が9.9万円前後など。

JX750シリーズ


65V型「TH-65JX750」:19万円前後
58V型「TH-58JX750」:14万円前後
50V型「TH-50JX750」:11万円前後
40V型「TH-40JX750」:9.9万円前後

JX750シリーズは、HX750シリーズ(2020年発売)の後継機種。65V型を投入し、大画面モデルのラインナップをHX750シリーズから強化した(従来は55/49/43V型の3サイズ)。

4K/3,840×2,160ドットのVAパネルと、BS 4K/110度CS 4Kダブルチューナーを搭載。3次元カラーマネジメント回路(3D-LUT)を採用した独自の映像エンジン「ヘキサクロマドライブ」を搭載するなど、映像処理回路を一新してVIERA最新の高画質技術を投入。上位機種譲りの高画質機能を盛り込みつつ、ゲーミング対応など一部の機能を省いて、価格面での差別化を図っている。

4K VIERAの2021年モデル(JX950/JX900/JX850シリーズ)で採用している「オートAI画質」機能をJX750シリーズにも採用。ディープラーニングを活用したAI技術によるシーン認識アルゴリズムによってシーンに応じて自動で画質を最適化し、手動で調整する必要をなくした。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月21日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。