Apple IDのセキュリティ設定 - いまさら聞けない!「Apple ID」の正しい使い方

Apple IDのセキュリティ設定 - いまさら聞けない!「Apple ID」の正しい使い方
拡大する(全1枚)
前回はApple IDの取得と設定に関する注意事項について解説したが、今回はApple IDを安全に利用するためのセキュリティ設定について紹介しよう。

個人情報やさまざまなサービスと紐づけられているApple IDは、パスワードなどが流出すると大変危険だ。そんなApple IDだが、安全性を高めるための機能も提供されている。こうした機能を活用して、安全に運用しよう。

パスワードの強度はどのくらい必要?


インターネットにおけるパスワードは、自宅の鍵と同様、あるいはそれ以上重要な意味を持っている。ここで、パスワードに使う文字種の数やパスワードの長さというのは、パスワードの強度(破られにくさ)に直結する。例えば銀行のATMのように4文字の数字のみでは10の4乗=1万通りしかないため、当てずっぽうでも3回試せば3,333分の1で解除できてしまう。ここにアルファベット(大文字小文字の区別あり)が混じれば、26通りx26通りx10通りの4乗=676万通りにも膨れ上がる。

Apple IDでは、パスワードを作成する際に「英数字混在、英字は大文字と小文字混在で最小8文字」というルールがある。実際にはいくつかの記号も利用できるが、基本ルールに則れば、8文字のパスワードであっても「26文字(アルファベット小文字)x26文字(アルファベット大文字)x10文字(数字)の8乗=67,600,000,000(676億)通り」ということで、簡単には破れないように見える。実際、このくらいあれば実用上は問題ないだろうが、気になる人は12~16文字くらいまで拡張してもいいだろう。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Apple」に関する記事

「Apple」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Apple」の記事

次に読みたい「Apple」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月4日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。