事故物件の紹介サイト「成仏不動産」に聞いた、事故物件の今と部屋選びの心得

事故物件の紹介サイト「成仏不動産」に聞いた、事故物件の今と部屋選びの心得
拡大する(全1枚)
孤独死や死亡事故などが発生した「事故物件」。何かとメディアで注目される機会も多いが、「縁起が悪い」「心霊現象がある」などのイメージが強く、次の入居者が見つかりにくいことから、不動産業界では敬遠されてきた存在だ。しかし、不動産会社「MARKS」が運営する物件紹介サイト「成仏不動産」では、そんな事故物件の情報をオープン化。その流通を促すことで物件の所有者や遺族、買い手の救いの手となってきたという。

今回は2019年4月のサイト開設当初から、「成仏不動産」の専任スタッフとして業務にあたる有馬まどか氏と佐藤祐貴氏、同社執行役員の笹尾里枝氏に、事故物件を取り巻く現状などをうかがった。

現場で対応する社員のケアも


築年月などの基本的な物件情報に加え、過去に発生した事故の概要を記載して物件を掲載している「成仏不動産」。「お墓や火葬場、葬儀場などが見える物件」、「発見まで72時間以上の孤独死物件」、「火事や事故で人が亡くなった物件」、「自殺物件」など、7つの区分で物件を紹介する。

「MARKS」では事故物件の仲介のほか、自社で事故物件を買い取り、従来のイメージを払拭させるようなリノベーションを施した後に再販売する事業にも注力。直近で販売した3物件は、いずれも孤独死のあったマンション物件で、売り出して20日以内に成約したという。単身女性の購入者もいたそうで、事故物件の購入者や賃借人も多様化しているようだ。

「事故物件を気にしない人も徐々に増えていて、問い合わせ件数も多いです。事故物件に限らず、特に不動産の内装で大切なのが明るさ。天井の高さや柱の関係で暗い印象の部屋であれば、色合いなども考えて明るい印象の部屋にする工夫を施しています」(有馬氏)

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月14日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。