カメラグランプリ2021、大賞はソニー「α1」 ファン投票は「EOS R5」

カメラグランプリ2021、大賞はソニー「α1」 ファン投票は「EOS R5」
拡大する(全1枚)
カメラ記者クラブは5月17日、「カメラグランプリ2021」の受賞結果を発表しました。栄えある2021年の大賞は、ソニーのフルサイズミラーレス「α1」(ILCE-1)に決定。ソニーは、2020年の「α7R IV」に続き、2年連続の大賞受賞となりました。

大賞は「α1」、今まで撮れなかったものが撮れる点を評価


カメラグランプリは、2020年4月1日~2021年3月31日の1年間に発売されたカメラや交換レンズのなかから優れた製品を選ぶアワードで、国内のカメラ専門誌の担当記者で構成するカメラ記者クラブが主催します。

もっとも優れたカメラ1機種を選出する大賞に輝いたα1は、有効5010万画素の高画素ながらブラックアウトフリーで30コマ/秒のAE/AF追従超高速連写が特徴のフルサイズミラーレス。AFは新たに鳥認識AFにも対応し、「今まで撮れなかったものが撮れる喜びが味わえる」ことが評価されました。性能を引き上げながら、ボディのサイズ感や操作性は従来モデルと共通とし、従来シリーズのユーザーは違和感なく使えるようにした点も注目されます。

上位5機種の獲得点数は以下の通りで、2位のキヤノン「EOS R5」が14票差で迫っていました。

レンズ賞はパナソニック「LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6」が受賞


レンズ賞は、パナソニックのLマウントレンズ「LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6」(S-R2060)が受賞しました。標準ズームレンズは24mmや28mm始まりの製品が一般的ななか、このレンズはひとまわりワイドな20mm始まりからとしつつ、約350gという小型軽量に仕上げ、超広角の領域を身近にした点が「新時代の標準ズーム」と評価されました。広角が求められる動画撮影や自撮りなどの用途に向く、いまの時代にマッチしたレンズだ、との声も寄せられました。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月17日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク