Apple Musicが空間オーディオとロスレスに対応、追加料金なし 6月から

Apple Musicが空間オーディオとロスレスに対応、追加料金なし 6月から
拡大する(全1枚)
アップルが、Apple Musicの音質面で2つの大きな改良を発表しました。1つが、ドルビーアトモスによる空間オーディオの導入で、対応機器を用いれば臨場感のあるサウンド体験が楽しめます。もう1つがロスレスオーディオへの対応で、CDを超えるクオリティのサウンドが楽しめます。いずれも、Apple Musicを契約しているユーザーは追加費用なしで利用できます。提供開始は6月の予定。

ドルビーアトモスによる空間オーディオは、周囲のあらゆる方向や頭上から音が聞こえるようになる技術。H1チップやW1チップを搭載したすべてのAirPodsとBeatsのヘッドフォンに加え、iPhoneiPadMacの内蔵スピーカーで再生できます。

ロスレスオーディオは、7500万を超える楽曲が16ビット/44.1kHzのCD品質から、最大24ビット/48kHzの高音質で収録され、Appleのデバイスでそのまま再生できます。最大24ビット/192kHzのハイレゾリューションのロスレスも提供され、別途USB接続のDAコンバーター(DAC)などの外部装置を利用すれば楽しめるようになります。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月17日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク