東北大など、眺める角度によって明るさが変化する磁石を作り出すことに成功

東北大など、眺める角度によって明るさが変化する磁石を作り出すことに成功
拡大する(全1枚)
東北大学ならびに東京大学は5月25日、「2次元有機・無機ハイブリッドペロブスカイト」にキラル分子を導入して反転心を持たない磁石の材料設計に成功し、身の回りにある磁石が出すような弱い磁場で、眺める方向により明るさが変化する機能を発現させることに成功したと発表した。

同成果は、東北大 金属材料研究所の谷口耕治准教授、同・宮坂等教授、東大大学院 新領域創成科学研究科 物質系専攻の有馬孝尚教授、同・阿部伸行助教(現・日本大学文理学部准教授)らの共同研究チームによるもの。詳細は、独・化学会誌「Angewandte Chemie International Edition」に掲載された。

近年、有機物と無機物で構成されるペロブスカイト型構造を持った化合物、つまり有機・無機ハイブリッドペロブスカイト(OIHP)が注目を集めている。その理由は、低温かつ簡便なプロセスでの合成が可能でありながら、実用化レベルの高効率の太陽電池材料となるからだ。また、光検出器や発光ダイオードなどのフォトニクス材料としての優れた特性も報告されるなど、光機能の開拓が精力的に行われている。

これまで、OIHPやその類縁体における光機能の開拓は、有機分子と鉛ハロゲン化物の無機骨格から結晶構造が構成される、非磁性の化合物を用いて行われてきており、光と電気の結合に焦点が当てられてきた。一方、OIHPやその類縁体の層状化合物(2D-OIHP)では、無機骨格に磁性元素を導入して磁石を作れることが知られていたが、光と磁性の結合を利用した光機能の開拓は、これまで行われていなかったとする。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク