トヨタのサブスク「KINTO」に“進化するクルマ”が登場

トヨタのサブスク「KINTO」に“進化するクルマ”が登場
拡大する(全1枚)
トヨタ自動車はサブスクリプションサービス「KINTO」に新商品「GRヤリス“モリゾウセレクション”」を追加した。このクルマ、技術の進化に合わせてタイムリーに性能を向上させていく“進化するクルマ”で、ユーザーの特性に合わせた「パーソナライズ」も実施してくれるとのことだ。

いつでも最新のクルマが楽しめる?


「GRヤリス“モリゾウセレクション”」はトヨタが小型車「ヤリス」をベースに開発した「GRヤリス」の特別仕様車。GRヤリスの「RZ“High performance”」というグレードに、「モリゾウ」(トヨタの豊田章男社長)や「ROOKIE Racing」(豊田社長がオーナーのレーシングチーム)にちなんだデザインを施したクルマだ。

モリゾウこと豊田社長は自らGRヤリスに乗り込み、国内屈指の耐久レース「スーパー耐久シリーズ」にROOKIE Racingから参戦してきた。レースの現場ではさまざまなドライバーからのフィードバックを分析し、リアルタイムでクルマをアップデートさせていくのが普通で、ドライバーごとのパーソナライズも当たり前のこと。つまり、クルマが刻一刻と進化していくのだが、こうした「進化するクルマ」を顧客にも提供したいというのが、KINTOが始める新サービスの根本的な考え方だ。

KINTOでは「モリゾウセレクション」を契約したユーザーに対し、技術革新に合わせてタイムリーにソフトウェアの更新を実施していく。具体的には各地の「GRガレージ」(販売店)にクルマを持ってきてもらってソフトウェアをアップデートし、モリゾウセレクションの走る、曲がる、止まるといった基本性能を向上させる。アップデートの料金は月額料金に含まれる。パーソナライズの内容としては、ユーザー各自の走行データを分析し、運転の仕方に合わせてソフトウェアのカスタマイズを実施するとのこと。アップデートおよびパーソナライズの具体的なメニューは2022年春以降に発表するという。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク