軽くてタフに! トヨタが新型「ランドクルーザー」を世界初公開

軽くてタフに! トヨタが新型「ランドクルーザー」を世界初公開
拡大する(全1枚)
トヨタ自動車が新型「ランドクルーザー」を発表した。世界初公開となった「“300”シリーズ」は、ステーションワゴンタイプの「“200”シリーズ」の後継モデル。フレーム構造を踏襲しながらもプラットフォームを刷新し、クルマとしての「素性」を向上させたという。

サイズは従来型を踏襲、200キロの軽量化に成功


2021年で生誕70周年を迎えたトヨタのランドクルーザー。これまでに世界で累計約1,040万台(レクサス「LX」「GX」を含む)が売れた人気のモデルだ。「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」というユーザーからの評価に応えるべく、トヨタはランクルの信頼性、耐久性、悪路走破性を鍛え続けてきた。


ステーションワゴンタイプはランドクルーザー・シリーズのフラッグシップモデル。“200”シリーズの登場が2007年なので、今回の新型は14年ぶりのフルモデルチェンジということになる。

“300”シリーズはフレーム構造を継承しつつ、「TNGA」(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー、新しいプラットフォームを核とするトヨタの設計思想)に基づく新「GA-Fプラットフォーム」を採用。フレーム自体を新設計として、軽量化と高剛性化を図った。

全長、全幅、ホイールベース、デパーチャー/アプローチアングルは従来型を踏襲しながら、重量は200キロ軽くなっている。重心は低くし、重量配分やサスペンションの構造などでも改善を実施。こうして造り込んだ新型を熟練テストドライバーやダカールラリー出場ドライバーといった評価メンバーが実路走行で評価し、オンロード/オフロードの双方で運転しやすく、疲れにくいクルマを目指した。伝統の悪路走破性を向上させるべく取り入れた新技術は以下の通りだ。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月10日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。