電気は何に使う? マセラティ初の電動車「ギブリ ハイブリッド」が日本上陸!

電気は何に使う? マセラティ初の電動車「ギブリ ハイブリッド」が日本上陸!
拡大する(全1枚)
マセラティ初の電動モデル「ギブリ ハイブリッド」が日本上陸を果たした。2.0Lのエンジンに48Vのマイルドハイブリッド(MHV)システムを組み合わせる新しいギブリは、V6やV8のイメージが強いマセラティ車の中ではおとなしい存在なのかと思いきや、さにあらず。溜めた電気は走りに全て使い切る、いさぎよいクルマだった。

○“過激”なマイルドハイブリッド車?

「ギブリ」(Ghibli)はマセラティのセダンで、2013年にデビューした現行モデルは3世代目にあたる。累計生産台数は10万台を超えている。

日本で買えるギブリのエンジンを確認してみると、「ギブリ」は3.0LのV6エンジン(最高出力350PS)、「ギブリ S」は同じく3.0LのV6(430PS)を搭載しており、2021年6月中に導入予定の「ギブリ トロフェオ」に至っては、最高出力580PSを発生する3.8LのV8エンジンを積んでいる。この並びでギブリ ハイブリッドの心臓部を確認すると、2.0Lの直列4気筒ターボエンジンにMHVの組み合わせというのはいかにも非力な印象だが、どうもそうではないらしい。「走りに振った“過激”な2.0Lです」というのが、マセラティ ジャパンの山本文悟さんによる紹介だ。

ギブリ ハイブリッドの動力性能は最高出力330PS、最大トルク450Nm。2.0Lでここまでの馬力を出せるのは、メルセデス・ベンツ「AMG」やボルボ「ポールスター」、スバル「STI」といった走りの精鋭たちくらい。ギブリの2.0Lエンジンはアルファロメオでも使われているものだが、「基本構造は一緒でも、中身は全く別物」(以下、カッコ内は山本さん)とのことだ。しっかりとコストをかけて高性能化を図ったらしい。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク