ラウール、少女漫画映画主演にSnow Manメンバーも熱く!? 成長への欲も生まれる

ラウール、少女漫画映画主演にSnow Manメンバーも熱く!? 成長への欲も生まれる
拡大する(全1枚)
人気アイドルグループ・Snow Manのメンバーとして、またファッションモデルや俳優としても活躍しているラウールが映画単独初主演を務めた映画『ハニーレモンソーダ』が7月9日に公開になる。

同名の少女コミックを実写映画化した本作で、ラウールが演じるのは高校内きっての人気者の男子・三浦界。そんな界が、中学時代に「石」と呼ばれていじめられていた石森羽花(吉川愛)と出会い、距離を縮めていく青春ラブストーリーだが、単なるキラキラ映画ではなく、人間ドラマとしての葛藤も描かれている。

「オファーに驚いた」と振り返るラウールにインタビューすると、グループから離れ、映画単独主演に臨んだことで、「自分は全くといっていいほど、成熟していない存在なんだなと改めて気づいた」と今の思いを率直に口にし、「ひとりでも魅せられる力があるような人に」とこれからを見据えた。

演じた界は、自分とはかけ離れているキャラクター


――オファーを受けたときは?

主演というのもそうだし、そもそもこうした映画に出ること自体が初めてなので、とにかくビックリしました。あと、Snow Manのなかでもこういう作品に出るのは僕じゃないイメージがなんとなくあったので、すごくビックリしましたし、もちろん幸せ者だとも思いました。

――原作は人気少女コミックです。

原作を好きになれたことが、自分として大きかったです。少女漫画って読んだことがなかったので、少し不安もあったんです。でも世界観や雰囲気も本当に好きになれたので、そうした自分自身の気持ちも大切にしながら演じたいと思いました。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「Snow Man」に関する記事

「Snow Man」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Snow Man」の記事

次に読みたい「Snow Man」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク