京樽×スシローのテイクアウト専門店がオープン! 新業態で、京樽ビジネスがさらに進化

京樽×スシローのテイクアウト専門店がオープン! 新業態で、京樽ビジネスがさらに進化
拡大する(全1枚)
「京樽」と「スシロー」のダブルブランドによるテイクアウト専門店が7日よりオープンする。京樽こだわりの「茶きん鮨」「押鮨」といった上方鮨と、スシローならではの「にぎり盛り合わせ」などを一緒に購入できるのが特徴だ。まずは東京と千葉の4店舗でスタートし、順次、店舗拡大していく考え。京樽・スシロー行徳店にて6日、記者説明会が行われた。

新業態の狙いは


今回、オープンする京樽×スシローのテイクアウト専門店は、京樽・スシロー行徳店(千葉県市川市)、京樽・スシロー市ヶ谷店(東京都千代田区)、京樽・スシロー西船橋店(千葉県船橋市)、京樽・スシロー門前仲町店(東京都江東区)の4店舗。

今年(2021年)4月にFOOD & LIFE COMPANIESに仲間入りした京樽。5月の戦略発表会に登壇した石井社長は「京樽のテイクアウトのノウハウを生かしつつリブランディングすることで、グループにシナジー効果をもたらしていく」と話していたが、それが早くも具体化した形だ。同店舗には、スシロー社が進めている「スシロー To Go」の商品群のケースと、京樽の商品群のケースが並べて配置されていた。

店舗展開について石井社長は「より多くのお客様にご利用いただけるよう、新たな京樽にブラッシュアップしていければ。まずは4店舗でトライアルした後、順次、既存の京樽店をダブルブランドにしていく、あるいは新たなエリアに出店していくことを考えています」と話す。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク