東大など、磁性元素を配列した強磁性超格子構造の作製に成功

東大など、磁性元素を配列した強磁性超格子構造の作製に成功
拡大する(全1枚)
東京大学(東大)、東北大学、科学技術振興機構(JST)の3者は7月7日、InAs半導体結晶中にFe原子をほぼ1原子層の平面内に配列した「FeAs-InAs単結晶超格子構造」の作製に成功し、さまざまな新しい物性を観測したと発表した。

同成果は、東大大学院 工学系研究科 附属総合研究機構のレ・デゥック・アイン助教、東大大学院 工学系研究科 電気系工学専攻の早川奈伊紀大学院生(研究当時)、同・中川裕治大学院生(研究当時)、東北大 電気通信研究所の新屋 ひかり助教、東大 物性研究所 附属計算物質科学研究センターの福島鉄也特任准教授、東大大学院 工学系研究科 附属スピントロニクス学術連携研究教育センターの小林正起准教授、同・吉田博特任研究員(上席研究員)、東大大学院 工学系研究科 物理工学専攻の岩佐義宏教授、東大大学院 工学系研究科 電気系工学専攻の田中雅明教授らの共同研究チームによるもの。詳細は、英オンライン科学誌「Nature Communications」に掲載された。

半導体プロセスの微細化が物理的限界を迎えつつある現在、次世代の半導体技術として期待されているのがスピントロニクスである。従来の電荷のみが利用されてきた半導体デバイスに「スピン」を組み込むためには、半導体中に磁性元素のFeやMn、Coなどを大量に添加することが有力な手段と考えられている。しかし、半導体結晶に磁性元素を大量に添加すれば構造が不安定になってしまい、結晶が壊れたり磁性原子が凝集したりすることで、材料とデバイス特性を維持することが難しくなることが課題とされてきた。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク