ソニー、Atmos/DTS:X対応の一体型サウンドバー。無線リアスピーカーも

記事まとめ

ソニー、Atmos/DTS:X対応の一体型サウンドバー。無線リアスピーカーも
拡大する(全1枚)
ソニーは、臨場感あるサラウンドを1本のバースピーカーで再現するフラッグシップサウンドバー「HT-A7000」を8月28日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭価格は15万4,000円前後を見込む。

ソニーのサウンドバー最上位モデル。天井や壁の反射を利用し、バーチャルサラウンド技術と組み合わせることで立体的かつワイドな音場を生成し、Dolby Atmos(ドルビーアトモス)やDTS:Xといったイマーシブサラウンドコンテンツへの高い没入感を追求。サウンドバー単体でサラウンド音声を楽しめるとする。

別売オプションとして、HT-A7000とワイヤレス接続できるリアスピーカー「SA-RS3S」(店頭予想価格:44,000円前後)を同日に発売。また、HT-A7000に先がけて8月7日に登場するサブウーファーを追加することで、低音を強化することも可能。300W出力の「SA-SW5」(同83,000円前後)と200W出力の「SA-SW3」(同44,000円前後)を用意する。

HT-A7000のフロントスピーカーは、アコースティックサスペンション型のフルレンジ 46×54mm X-balanced Speakerユニットを左右に4基搭載。さらに、同じサイズのユニットを中央にセンタースピーカーとして1基、上面にもトップスピーカーとして2基搭載し、左右のビームツイーター×2、ウーファー(バスレフ型)として51×97mm X-balanced Speakerユニット×2を組み合わせ、7.1.2ch(7.1ch+天井2ch)の立体音響を仮想的に再現する。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク