別のクルマ? 人気SUV「ディフェンダー」の1,000万超えグレードに試乗

別のクルマ? 人気SUV「ディフェンダー」の1,000万超えグレードに試乗
拡大する(全1枚)
ランドローバーの人気SUV「ディフェンダー」は、価格の幅が大きいクルマだ。最も安いグレードが551万円であるのに対し、最上級グレードは1,171万円ともはや別のクルマの観がある。価格差は走りの差として感じられるのか。新登場の最上級モデルを箱根ターンパイクで走らせてみた。

待望のディーゼルエンジン車が日本上陸!


ランドローバーの本格SUVモデル「ディフェンダー」は日本での発売当初、ロングホイールベースの「110」に2リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載した「P300」モデルのみのラインアップだったが、少し遅れてショートホイールベース「90」の「P300」が追加となり、さらに「110」には、6気筒ディーゼルエンジン+48Vマイルドハイブリッドシステム(MHEV)の「D300」が登場した。待望のディーゼルエンジン搭載モデルに先日、ようやく試乗することができた。

試乗したのは、2021年モデルでは最上位グレードとなる「ディフェンダー110 X D300」だ。7人乗りの3列シート仕様(5人乗り仕様もある)で、車両本体は1,171万円というなかなかのプライスタグをつけている。

用意された個体は、ボディを傷から守るラッピングのサテンプロテクティブフィルム(53.8万円)、3列シート選択時に同時装着できる装備を満載したファミリーパックプラス(47.3万円)、コールドクライメートパック(10.9万円)、コンフォート
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク