上白石萌歌、豊川悦司の貴重な姿アピール「ブリーフパンツ…」「一応水着です」

上白石萌歌、豊川悦司の貴重な姿アピール「ブリーフパンツ…」「一応水着です」
拡大する(全1枚)
映画『子供はわかってあげない』(8月20日)の完成披露上映会が27日に都内で行われ、上白石萌歌細田佳央太千葉雄大豊川悦司、沖田修一監督が登場した。

同作は「マンガ大賞2015」で2位にランクインした田島列島による長編デビュー作の実写化作品。もうすぐ夏休みのある日、高校2年の美波(上白石)は水泳部の練習中に、ちょっと変わった書道部員のもじくん(細田佳央太)と学校の屋上で運命的に出会い、思いもよらない父親探しの旅が始まる。

主演の上白石は、「水泳選手の役を演じておりまして、偶然なんですけどこの作品で3連続目の水泳選手の役。それぞれ種目も全く違うもので、個人メドレーのようだなと勝手に思っていました」と明かす。「肌も真っ黒に焼いて髪の毛も人生で1番短くして、10代最後の夏、宝物のような時間を過ごさせてもらったなと思います」と振り返った。

実際には小学生の時に2年間水泳を習っていたというが、千葉が「萌夏ちゃん、あとバタフライの役を制すれば、個人メドレーができるようになるんだよね」と振ると、「お待ちしてます!」と前のめりに。「そしたらもう、個人メドレーが完成するのでぜひ」と意欲十分だった。

また、上白石の父親を演じた豊川は「僕も萌歌ちゃんくらいの娘がいるので、『父親にとっては、理想だよね』というシーンが多かった」としみじみ。「お父さん、そんなこと娘にしてもらえません。一緒にホースで水かけたりとか、海入りたいとか、できないんだよ。まるで夢のような時間でした」とリアル父親ならではの視点で語る。

上白石はそんな豊川について「予告映像でもちらっと映っているんですけど、豊川さんのブリーフパンツ……」と述べ初め、豊川は「一応、水着です」とつっこむ。「ごめんなさい、ブーメランのシーンがあって」と言い直した上白石は、「すごく貴重な映像になっているので、そこも注目して見ていただけたら」とアピールし、豊川は「なんだそれ」と苦笑していた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

上白石萌歌のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「上白石萌歌」に関する記事

「上白石萌歌」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「上白石萌歌」の記事

次に読みたい「上白石萌歌」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク