カメラマンの仕事を止めるな! キヤノンが東京2020で見せた“裏方魂”

カメラマンの仕事を止めるな! キヤノンが東京2020で見せた“裏方魂”
拡大する(全1枚)
ついに開幕した東京2020。開幕直後から日本人選手の活躍が続いていることもあり、事前の予想に反して大いに盛り上がっています。連日、テレビの中継やWebのニュース速報に釘付け…という人も多いのではないでしょうか?

選手の活躍の瞬間を写真に収めて速報すべく、会場では世界から集結した腕利きのカメラマンが腕を競っています。カメラ機材の故障やトラブルで歴史的瞬間を撮り逃した、機材を修理に出しているので撮れなかった…という悔しい事態を避けるべく、“カメラマンの仕事を止めるな!”という意気込みを表した「ゼロ・ダウンタイム」を掲げて東京2020に参加しているのがキヤノン。会場内に設置したカメラマン向けのプロサポートブースでは、採算度外視で人員や機材をフル動員して裏方として大舞台に臨んでいました。

メンテナンスは1時間、修理でも24時間で完了する体制を整えた

報道関係者が集まるメインプレスセンターにキヤノンが設置したのは、東京2020に来場したプロカメラマンを対象としたフォトサービスセンター。ここでは、カメラや交換レンズの清掃や簡易点検を中心としたメンテナンスサービス、破損や故障の修理サービス、カメラのAF性能を補正するピント調整サービス、機材の代替貸出サービスを実施しています。サービスセンターの営業は朝7時~夜23時と長く、カメラマンを待たせない配慮がうかがえます。

まず注目できるのが、機材を預かったうえで実施するメンテナンスや修理に要する時間の短さ。スポーツイベントでのプロサポートを担当するキヤノンマーケティングジャパンの仲野正明氏は「高い技術力を持つスタッフを多く常駐させることで、メンテナンスサービスは預かりから1時間、修理は24時間で速やかに返却できる体制を整えた」と胸を張ります。過去のイベントでは海外のスタッフも招いていたものの、今回は国内各地の精鋭スタッフを集めたとのこと。外国語は、英語を中心に主要な言語に対応できるそうです。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク