トヨタとスバルはスポーツカーをどう作り分けたのか - 「GR 86」編

トヨタとスバルはスポーツカーをどう作り分けたのか - 「GR 86」編
拡大する(全1枚)
間もなく発売となるトヨタ自動車「GR 86」とスバル「BRZ」の2世代目モデル。共同開発のスポーツカーで両社はどのように差別化を図ったのか。そして、先代と比べ何が変わったのか。それぞれのデザイナーに話を聞いてみた。まずはGR 86についてだ。

「変えないで!」という意見が9割


今回の新型で企画およびデザインを主導したのはトヨタだ。そこで、まずはトヨタ GAZOO Racing Company GRデザイングループ長の松本宏一さんに話を聞いた。

GR 86を担当することが決まった時、松本さんは「素直に嬉しかった」という。ただ、86はデビューしてからほぼ10年が経過しており、オーナーたちは「本当に愛車として、大好きなんです。そういった方々に話を聞くと、『ぶっちゃけ、別に変えなくていいよ』という意見が9割くらいを占めました。なので、結構プレッシャーでしたね」と当時を振り返る。

オーナーの意見を踏まえ松本さんは、「軽量コンパクトなFR(後輪駆動車)というクルマ(の在り方)と素直に向き合い、スポーツカーの本質をしっかり追求して作ることで、絶対に86のユーザーにも受け入れてもらえると信じていました。奇をてらってガラッと変えたり、あえて86をオマージュしてみせることはせずに、素直に冷静に、このサイズの、このクラスの、この価格のスポーツカーはこうあるべきだというスタイリングを行いました」という。

その理由を問うてみると、「オマージュしたらしたで『これではモデルチェンジする意味がない』と文句をいわれたでしょうし、ガラッと変えたら変えたで『なぜ変えたんだ』といわれる。どちらにせよネガティブにいわれるのであれば、ゼロからしっかり作りたいというのが一番でした」と当時の決意を語った。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク