トヨタとスバルはスポーツカーをどう作り分けたのか - 「BRZ」編

トヨタとスバルはスポーツカーをどう作り分けたのか - 「BRZ」編
拡大する(全1枚)
新型「GR 86/BRZ」の企画とデザインはトヨタ自動車が主導したが、BRZについていえば、スバルらしさが随所に感じられる仕上がりとなっている。差別化の苦労やデザインの差による走りの違い、こだわった部分などについて、スバルのデザイナーに話を聞いた。

すべてが大変だった


BRZのデザインを担当したスバル 商品企画本部 デザイン部の佐藤正哉さんは、トヨタとの共同開発について「こんなに大変だとは思いませんでした」と笑う。

「スバルのクルマでありながら、一方でトヨタのクルマを作るということですので、2つの会社で同じことを平行してやるわけです。まずこれが大変でした。もうひとつは文化がやはり違うので、例えばデザインをここで決定するというタイミングや開発すべき要件も違ったりします。のそういったところのすり合わせも含め、全てが大変でした」

もう少し具体的に尋ねてみると、「トヨタはデータ主体で進めていくのに対し、スバルはどちらかというと、ある部分はモデルを作って進めていこうとする。そんな違いがありました」とのこと。つまり、トヨタはデータ上で設計を進めていくのに対し、スバルは現物を作ってみて、そこからデータを起こすというやり方の違いがあったのだ。

「最初はデータでやっていましたが、スバルのクレイモデラーから『この部分は分かりにくいので、モデルを作った方が早い』という声が上がることもありました。そこでトヨタのデザイナーに常駐しても

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク