ニューノーマル見据えた三井デザインテックの新オフィス、ここがすごい

ニューノーマル見据えた三井デザインテックの新オフィス、ここがすごい
拡大する(全1枚)
三井デザインテックはこのほど、本社を移転し「CROSSOVER Lab(東京 銀座)」を開設した。同社の哲学であるクロスオーバーデザインの考え方と、新型コロナウイルス感染症の影響から見えてきたニューノーマルでのオフィスの価値を掛け合わせて、新オフィスがデザインされているとのことだ。同社が報道関係者向けにオフィス説明会を開催したので、その様子をお届けする。

同社のデザイン哲学であるクロスオーバーデザインは、住宅やオフィス、ホテル、ビル、医療施設など、さまざまな領域における空間づくりに携わった経験や、そこで培った手法および知見を、他の領域にも取り入れることで、横断的な発想で新たな空間の創造を追求する考え方である。

同社は2020年10月に、三井不動産リフォームと統合している。これによって、個人の暮らしから企業オフィスの課題まで、領域横断的な空間デザインを提供できる体制を構築しているとのことだ。

会社の統合に伴って、複数の拠点に散在していたスペースデザイン事業やインテリアデザイン事業などの主要ビジネス部門を、新オフィスに集約することになったという。拠点を集約することで社員間でのコミュニケーションを活性化し、シナジー効果を促進する環境を目指したとしている。新オフィスの設計は2020年5月頃にスタートした。

同社の執行役員 クリエイティブデザインセンター長 見月伸一氏は新オフィスの設計について、「これまではホテルやカフェ、オフィスなど、空間のカテゴリーによってデザインが大きく異なっていた。しかし、われわれは異なるカテゴリーが複合して、クロスオーバーすることで空間としての新たな価値が生まれると思っている。これからのニューノーマル時代のオフィスの価値を考えると、人が集まってコミュニケーションをとることで創造性を高める空間こそが必要になってくるはず。そうした想いをデザインで表現した」と述べた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク