国民年金の付加保険料って何? 毎月400円払うとどれだけお得になるの??

国民年金の付加保険料って何? 毎月400円払うとどれだけお得になるの??
拡大する(全1枚)
国民年金には「付加保険料」という制度があり、毎月400円支払うことで、将来の年金を増やせます。毎月の負担が少ない割にはリターンが大きい制度です。

今回は付加保険料の仕組み、メリット、対象となる人について解説します。自営業者・個人事業主などの人は、利用を検討してみてはいかがでしょうか?

国民年金の付加保険料とは


毎月400円をプラスして支払うことで、将来受け取る年金を増やせる制度のことです。別名で「付加年金」と呼ばれることもあります。

400円を支払うたびに、受け取る年金が毎年200円増えます。年金を2年受け取るだけで元が取れることになり、3年目以降はすべて利益になるのがメリットです。

たとえば30歳のAさんが60歳まで付加保険料を支払うとすると、支払う額は400円×12カ月×30年=14万4,000円です。毎年受け取る年金の増額分は、200円×12×30=7万2,000円です。

Aさんの支払った14万4,000円は2年目ですべて回収でき、3年目以降も毎年7万2,000円を年金本体にプラスして受け取れることになります。

リターンの面から見ると、非常にお得な制度と言えます。

付加保険料の対象となる人


付加保険料を支払えるのは、以下のいずれかに該当する人です。

・国民年金第1号被保険者
・任意加入制度の被保険者(65歳以上を除く)

第1号被保険者とは、自営業者や農業従事者、個人事業主、パート・アルバイトなどの非正規雇用、無職者などのことです。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「年金」に関する記事

「年金」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「年金」の記事

次に読みたい「年金」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク