お盆は海に行かないほうがいいの?「お盆と霊」のつながりとは?

お盆は海に行かないほうがいいの?「お盆と霊」のつながりとは?
拡大する(全1枚)
あなたのルーツでもあるご先祖さまに想いを馳せるお盆。夏は背筋がヒヤッとするお化け屋敷や怪談話など、霊にまつわる話も多く語られますね。今回は、霊通師月香が感じる「お盆と霊」のつながりのお話です。

霊(魂)の重さは地球と同じぐらい重い!?

命の重さは地球より重いと言いますが、1つひとつの霊は、地球1つ分ほどの重さを持ちます。それほど尊く、圧倒的なパワーがあります。そんな霊が肉体に宿り、たくさん、しかも、ぎゅうぎゅうに集まっているすごい場所。それがこの世、地球です。
亡くなったご先祖さまがあの世から帰ってくるとされるお盆

この世とあの世はつながっています。時空を超えて幾つもの異世界が同時に存在しています。まるでパラレルワールドのように。ふとした瞬間に誰もいないところで何かの気配を感じたり、風が通り抜けるような感じがしたり……。もう亡くなってしまった大切な人がそばにいたような不思議な体験をした人もおられるのはないでしょうか。お盆に限ってのことではないのですが、お盆には私たちが意識を向けやすいので、特につながりやすくなります。

ご先祖さまのようにあなたにとっていい存在の場合は、怖いような感覚は全くなく、自然と懐かしさや温かさが胸の中に込み上げてきます。信じがたいような奇妙な偶然が重なり、ご縁を感じることもあるかもしれません。それはあなたへ向けられたメッセージです。そのときあなたは不思議に思っても、安心した気持ちでいられるはずです。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク