2021年の夏「帰省する」は26.5% - コロナ禍でも帰省する理由は?

2021年の夏「帰省する」は26.5% - コロナ禍でも帰省する理由は?
拡大する(全1枚)
くらしにくふうはこのほど、「2021年 夏の過ごし方に関するアンケート調査」の結果を発表した。同調査は7月15日~21日、くらし情報メディア「ヨムーノ」会員102名を対象に、インターネット調査で実施した。

今年の夏に帰省する予定があるか尋ねたところ、54.9%と過半数が「帰省しない予定」と回答した。「帰省しない予定」は、昨年調査時(80.4%)より少なくなっているが、引き続き帰省を控える傾向にある。「帰省する予定」と回答した人からは、「両親がワクチン接種済みのため」「同じ都内に実家があるため」など、感染リスクを抑えられていることや、近距離であることが挙げられた。

帰省先にどのくらい滞在する予定であるか聞くと、「日帰り」(44.4%)が最も多かった。次いで「3泊以上」(29.6%)、「2泊」(14.8%)となっている。

日帰りを選んだ人からは、住んでいる家と実家の距離が近いことが理由として目立つ。2泊あるいは3泊以上を選んだ人は、「祖父母の介護」や「実家のリフォームの手伝い」といった理由が挙げられた。

帰省先で予定していることを聞くと、「バーベキュー」(23.1%)、「家族や知人と食事」(11.5%)、といった「食」関連が上位に並んだ。

帰省をしない代わりに、会えない家族と何をするか尋ねると、46.5%が「電話(オンライン含む)」と答え、音声通話やビデオ通話での会話によるコミュニケーションを重視していることがわかった。

帰省以外でお出かけを予定しているか尋ねたところ、「水族館や動物園など」「プール」などが挙げられる一方、49.0%が「予定なし」と答えている。コロナ禍で外出を控える、あるいは計画を立てられずに過ごしている人が引き続き多いことがわかった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク