柚希礼音、コロナ禍で考える「ファンのために」『REON JACK 4』満を持してのゲストも

柚希礼音、コロナ禍で考える「ファンのために」『REON JACK 4』満を持してのゲストも
拡大する(全1枚)
2015年の宝塚歌劇団退団公演の千穐楽には、過去最多となる1万2,000人を集めた元宝塚歌劇団星組トップスターで、現在は主にミュージカルでその実力を発揮している柚希礼音。2016年から開始したソロコンサート『REON JACK』、3年ぶりに『REON JACK 4』として9月に帰ってくる(9月11日~12日 TOKYO DOME CITY HALL、9月18日~19日 北九州芸術劇場 大ホール、9月23日~26日 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)。

音楽プロデューサーに本間昭光を迎え、一流のメンバーとともにコンサートの枠組を超えた芸術的なショーを繰り広げてきた『REON JACK』。今回は初の試みとして、甲斐真、夢咲ねね、佐藤隆紀(LE VELVETS)、湖月わたる東啓介西川貴教と日替わりでのスペシャルゲストも登場する。今回は柚希に『REON JACK』のコンセプトや、日替わりゲストで登場する湖月わたる、夢咲ねねについて、またコロナ禍で考えたことなどを直撃すると、一貫して伝わってきたのは「ファンのために」との思いだった。

『REON JACK』は今の柚希礼音を表現


——『REON JACK』、3年ぶりの開催になりますね。

2018年の『REON JACK 3』で結構やり切った感があったのですが、やっぱり自分にとってこのコンサートはファンのみなさまと繋がっていることを感じられるすごく大切なものなので、これからもやっていこうと思いまして。『REON JACK 4』行きます!
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク