鳥取県産の天然岩ガキ「夏輝」を食べてみたら最高だった

鳥取県産の天然岩ガキ「夏輝」を食べてみたら最高だった
拡大する(全1枚)
お盆休みの帰省やレジャーに行くことができずにガッカリな2021年の夏。だけど、今は東京にいながら全国から様々なご当地グルメをお取り寄せして食べられる。夏の暑さや憂鬱な気分を吹き飛ばすには、旬の美味しいものを食べて元気を出すのが一番。そこで今回お取り寄せしてみたのが、鳥取県産の夏の天然岩ガキだ。

一般的に牡蠣といえば、冬に旬を迎える「真ガキ」をイメージする人は多いはずだが、鳥取県で牡蠣といえば「岩ガキ」が夏の風物詩となっている。日本海に面した数カ所でしか採れない貴重な水産物である「岩ガキ」は6月~8月頃に旬を迎え、冬の牡蠣と比べると殻も身もボリューミー。鳥取県では、綺麗な海で荒波に耐えながら数年かけてゆっくりと成長した岩ガキを2005年「夏輝」(なつき)としてブランド化。そのなかでも殻長13cm以上の高品質な岩ガキにはブランドラベルをつけて販売している。

今回、鳥取県からお取り寄せした「夏輝」を食べてみた。同梱されていた説明書きを読みながら慎重にナイフを差し込み、グッと押し込んで貝柱を切り落として殻を開くと、大きな牡蠣が現れた。

流水でしっかりと洗い、まずはやっぱり、「生」でいただくことに。レモンを搾り豪快にスルっと口の中に入れると、う~ん、濃厚な旨味と磯の香りが口いっぱいに広がって幸せ!これは最高に美味い。後味も良く、これまで食べた岩ガキの中でも段違いに美味い。さらに、少しバターを溶かしてソテーにして食べてみたら、これまた美味しい。特に貝柱の旨味がすごい。意外とあっさりめ、繊細で上品な味がした。ソーダで割ったベルモットとのマリアージュで、イタリアン風に楽しんでみたらとても贅沢な気分を味わうことができた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「鳥取県」に関する記事

「鳥取県」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鳥取県」の記事

次に読みたい「鳥取県」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク