「あおり運転をされたことがある」はドライバーの半数 - 最多のきっかけは?

「あおり運転をされたことがある」はドライバーの半数 - 最多のきっかけは?
拡大する(全1枚)
チューリッヒ保険会社は8月17日、「あおり運転実態調査」の結果を発表した。調査は7月16日~20日、1週間に1回以上運転している全国のドライバー2,230名を対象にインターネットで行われた。なお、同調査は今年で4回目。

はじめに、あおり運転をされた経験を尋ねたところ、50%のドライバーが「ある」と回答。また、76.4%が「あおり運転を受けないよう注意して運転している」としており、安全運転、あおり運転防止に対する意識の高さがうかがえる結果に。

また、2020年6月末施行の「あおり運転の厳罰化により危険運転が減少すると思いますか?」と質問したところ、64.7%が「(どちらかというと)減少すると思う」と回答。他方、「減少しない」(35.3%)と回答したドライバーに対し、その理由を尋ねると、「危険な運転をする人の心理や行動は変わらないと思う」(67.3%)が断トツに多く、次いで「衝動的にあおり運転をすることを抑制するのは難しいと思うから」(43.8%)、「罰則の厳しさが十分ではないと思うから」(39.9%)と続いた。

ドライブレコーダーの利用状況については、49.9%が取り付けているとのこと。また、「ドライブレコーダーの普及によりあおり運転が減少すると思いますか?」と聞くと、73%が「減少すると思う」と回答し、ドライブレコーダー普及への期待がうかがえる結果に。

ドライブレコーダーを利用している理由としては、「事故発生時に自分が不利にならないようにするため」(84%)が最も多く、次いで「言いがかり対策として、あおり運転の加害者にならないようにするため」(47.5%)、「あおり運転にあわないようにするため」(37.0%)と続き、一方、ドライブレコーダーを取り付けていない理由としては、「購入したいがコストがかかるため」(67%)が断トツに高かった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク