ビジネスマンが知っておくべき『グルメの新常識』 第68回 「ロカボ」

ビジネスマンが知っておくべき『グルメの新常識』 第68回 「ロカボ」
拡大する(全1枚)
次々に新しい料理や食材などが登場するとあって、『食のトレンド』は刻一刻と移り変わっていく。しかし、クライアントや職場の同僚と「あれ食べた?」という話になることはよくある。そんなときに「……聞いたこともない」というのは、かなりマズい。この連載では、ビジネスマンが知っておけば一目おかれる『グルメの新常識』を毎回紹介していく。第68回は「ロカボ」。

「ロカボ」って何?


ヘルシー志向の高まりで、すっかり定着した感のある「ロカボ」。ロカボは、もともとローカーボ(low carbohydrate)が語源で、low(低い)carbohydrate(炭水化物、糖質)からきている。だが、「ローカーボ」と「ロカボ」は区別して使われている用語だということをご存知だろうか。

ロカボの語源である「ローカーボ」は極端な糖質制限も含む幅広い概念。一方、「ロカボ」とは「おいしく楽しく適正糖質」を意味し、北里研究所病院・糖尿病センター長の山田悟先生によって提唱された食事方法のこと。1食で摂取する糖質量を20~40g、間食では10g以下、1日の総糖質量を70~130gに抑えていれば、カロリーは気にせずに食べてもよいというものである。適正な糖質量を摂取することで血糖の上昇が抑えられるという。脂質やたんぱく質などに制限はない。

山田悟先生が代表理事を務める一般社団法人「食・楽・健康協会」によって、ローカーボと区別するために「ロカボ」(同協会の商標登録)と名付けられた。この2つの違いをしっかりと区別しておこう。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク