山田涼介は「吐く息も沖田総司」 『燃えよ剣』監督が語るキャスティング背景

山田涼介は「吐く息も沖田総司」 『燃えよ剣』監督が語るキャスティング背景
拡大する(全1枚)
俳優の岡田准一が主演を務める映画『燃えよ剣』(10月15日公開)。同作の監督・脚本を務めた原田眞人氏が、「原田映画史上最高のバラエティに富んでいる」と語るキャスティングについての背景を明かした。

同作では、要となる「新選組」の隊士に、豪華キャスト陣が集結。土方歳三役の岡田をはじめ、鈴木亮平(近藤勇)、山田涼介(沖田総司)、伊藤英明(芹沢鴨)ら錚々たる顔ぶれがそろい、さらに、NHK連続テレビ小説『スカーレット』出演で一躍ブレイクを果たした松下洸平(斎藤一)、お笑いコンビはんにゃの金田哲(藤堂平助)、ウーマンラッシュアワー村本大輔(山崎烝)らも出演する。

「『燃えよ剣』を通して幕末を描くことが長年の望みだった」と原田監督。同作のきっかけは、岡田と初タッグを組んだ『関ヶ原』の撮影中からすでに生まれていたそうで、「次何やろう、土方だよね、という話になっていた」と、当時の岡田との思い出を振り返る。「岡田さんにとって土方歳三を演じることはライフワークでもあって、何年もかけて土方を演じるための準備をしてきました。岡田さんが土方を演じるいい年齢だったこと、僕のキャリア的にもいい時であったこと、タイミングが良かったというのはあります」と明かす。

続く近藤勇役について原田監督は、「見た目が似ている人という点で最初にイメージしたのが鈴木亮平でした」「近藤の顔、雰囲気、体型……と重なった。『西郷どん』は関係ないです(笑)」と説明。撮影が始まってからも、鈴木とは演出に関して解釈の相違は一つもなかったと言い、「亮平の演じる近藤は、そこに居るだけで存在感があって本人も大らかに君臨している。細かい指導をする必要はまったくなかった」と、確かな手ごたえを感じたようだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

山田涼介のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「山田涼介」に関する記事

「山田涼介」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「山田涼介」の記事

次に読みたい「山田涼介」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク