NCCHDなど、アナフィラキシーの心配がない安全な食物アレルギー検査法を開発

NCCHDなど、アナフィラキシーの心配がない安全な食物アレルギー検査法を開発
拡大する(全1枚)
国立成育医療研究センター(NCCHD)と東京大学は9月8日、食物アレルギーの検査や治療効果に有用な、非侵襲的な新たな検査法として、尿中バイオマーカーの「プロスタグランジンD2」代謝物の測定を行う手法の臨床研究を実施し、検査手法として有効であることを確認したと発表した。

今回の研究では2つの研究成果が発表され、1つは、NCCHD アレルギーセンターの犬塚祐介医師、同・山本貴和子医長、東大大学院 農学生命科学研究科 応用動物科学専攻の中村達朗特任講師、国際医療福祉大学 医学部臨床検査医学の下澤達雄教授、東大大学院 農学生命科学研究科 応用動物科学専攻の村田幸久准教授、NCCHD アレルギーセンターの大矢幸弘センター長らの共同研究チームによるもの。詳細は、アレルギーが関与する医学分野を扱う学術誌「Clinical & Experimental Allergy」に掲載された。

もう1つの研究成果は、NCCHD アレルギーセンターの稲垣真一郎非常勤講師(日本医科大学小児科兼務)、東大大学院 農学生命科学研究科 応用動物科学専攻の中村達朗特任講師、浜松医科大学 医学部付属病院 小児科の夏目統助教、NCCHD アレルギーセンターの山本貴和子医長、同・福家辰樹医長、NCCHD アレルギーセンター 小児内科系専門診療部の成田雅美診療科長(杏林大学医学部 小児科学教室教授兼任)、国際医療福祉大学 医学部臨床検査医学の下澤達雄教授、東大大学院 農学生命科学研究科 応用動物科学専攻の村田幸久准教授、NCCHD アレルギーセンターの大矢幸弘センター長らの共同研究チームによるもの。詳細は、米・アレルギー・ぜん息・免疫学会による学術誌「The Journal of Allergy and Clinical Immunology In Practice」に掲載された。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク