高畑充希、大久保佳代子は「いい香り」カメラマンがバックハグ要求

高畑充希、大久保佳代子は「いい香り」カメラマンがバックハグ要求
拡大する(全1枚)
映画『浜の朝日の嘘つきどもと』(9月10日公開)の公開記念舞台挨拶が11日に都内で行われ、高畑充希柳家喬太郎大久保佳代子、タナダユキ監督が登場した。

同作は福島県・南相馬に実在する映画館「朝日座」を舞台にしたタナダユキ監督のオリジナル作。東京の映画配給会社に勤めていた福島県出身26歳の茂木莉子(本名:浜野あさひ/高畑)が恩師との約束である「朝日座」再建のため、小さな“嘘”をついても映画館を守ろうと奮闘する。

ステージに登壇したキャストたちは、映画のキャッチコピーにちなんでそれぞれが「いらっしゃいませ、ようこそ映画館へ!」と挨拶。老舗映画館「朝日座」再建に奮闘する役どころの高畑は、昨年の自粛期間明けの夏に行われた撮影を振り返り「タナダ監督の映画愛とロケ地・福島の空気感に癒されました。こんな状況ですが、全国の映画好きの皆さんの気持ちが軽くなって、温かい気持ちなってもらえたら嬉しい」と笑顔を見せる。タナダ監督も「映画は観てくれる人がいないと完成しませんから」と感染対策を施して駆け付けた観客に感謝の思いを伝えていた。

「朝日座」の支配人を演じた喬太郎は「普段の高座とは違って、華やかな皆さんとこうしてご一緒できて嬉しい。でもこういう舞台挨拶は慣れていません。座らせていただけたらありがたいなあ」と落語ボケ。高畑と喬太郎の丁々発止のやり取りも、本作での笑いを誘う見どころの一つで、高畑は「初日から“黙れ、じじい!”というセリフがあって…。ちゃんと事前に“ごめんなさい!”と謝って気にせずにやっていたら、罵倒される師匠の顔が可愛く見えてきて。どんどんエンジンがかかった」と熱演を報告する。その言葉に喬太郎はショックを受けるのかと思いきや「私生活でもしょっちゅう言われていることですから。でも高畑さんのような可愛い方に言われることはないので、快感でした。この時間がずっと続けばいいと思った」とジョークで重ねて笑いをとっていた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

高畑充希のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高畑充希」に関する記事

「高畑充希」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高畑充希」の記事

次に読みたい「高畑充希」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク