中央線「昭和グルメ」を巡る 第96回 あのメニューはいま…「三晴食堂」(高円寺)

中央線「昭和グルメ」を巡る 第96回 あのメニューはいま…「三晴食堂」(高円寺)
拡大する(全1枚)
いまなお昭和の雰囲気を残す中央線沿線の穴場スポットを、ご自身も中央線人間である作家・書評家の印南敦史さんがご紹介。喫茶店から食堂まで、沿線ならではの個性的なお店が続々と登場します。

今回は、高円寺の食堂「三晴食堂」をご紹介。

○10数年前にいただいた「弁当」を求めて

「あづま」「コクテイル書房」「藪そば」など、以前取り上げた昭和グルメスポットが並ぶ高円寺・中通り商店街のいちばん奥。そんな、うっかりしていると見落としてしまいそうな場所に、「三晴食堂」という古い食堂があります。

お店の前はしょっちゅう通っているのですけれど、考えてみるとずいぶんご無沙汰。たしか、前にお邪魔したのはもう10年以上以前のことじゃないかな。

だから、ひさしぶりに暖簾をくぐってみようと思ったわけですが、だとすれば絶対に頼みたいメニューがあったのでした。

その10数年前に、「弁当」というベタな品をいただいたんですよ。四角いお重にフライや卵焼き、煮物、漬物、ご飯などが入った、文字どおりの弁当。ちなみにテイクアウトではなくて、お店で食べる式のやつね。

それはもう、上から見ても横から見ても、斜めから見ても圧倒的に弁当。しかも、いろんなものを楽しめるので、食べていてとても楽しかったんですよ。ってことで、ぜひまたあれを食べてみたい。というより、あの楽しさをまた味わいたいと思ったということ。
ですから大きな期待感を抱きつつ、いい感じに色褪せた食品サンプルが並ぶショーウィンドウをチェックしたわけさ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク